網膜中心静脈閉塞症

網膜出血を起こし、視力を低下させる病気です

持病として高血圧症をお持ちの方では、網膜に突然出血を生じて片方の眼の視力が急激に悪化したり、急に視野に見えない部分が出現することがあります。網膜には、細い動脈と細い静脈が重なる部分があり、ここで動脈の圧力が高いと(高血圧)、静脈が押しつぶされて静脈の内部圧力が高まり、静脈の壁が破れて出血を起こすことがあります。
急に見え方がおかしくなった、と感じたら、ただちに受診してください。点眼薬で瞳孔を開いて散瞳検査を行い、精密眼底検査、眼底三次元画像解析を施行して診断を確定します。出血に続いて、網膜の浮腫を生じると、後遺障害を残す危険性が高まります。止血剤投与、網膜レーザー光凝固、眼球内部に注射、場合によっては地域の中核病院に入院して、網膜硝子体手術を受けていただく場合があります。