めがね(眼鏡)を作りたいときには

眼科医院で正しく眼鏡を作りたい

めがね(眼鏡)を新しく作りたい、あるいは現在使っているめがねのレンズが古くなったのでレンズを取り替えたい、とご希望される方にお願いいたします。

視力を測定してレンズを合わせるまでに約1時間を要しますので、ご承知ください。
からだが疲れている日、眼が疲れている日に眼鏡を処方することは、お勧めいたしません。
夕方も、一日の疲れが出ていますので、お勧めしません。
からだが元気で、眼の調子が悪くない日で、午前中が望ましく、午後であれば3時半までに、ご来院ください。
結膜炎やドライアイがありますと、目がかすみますので、まずは疾患の治療をしてから、後日、眼鏡処方を致します。
現代では、めがねは3つ必要と言われます。遠くを見るめがね(運転や観劇など)。細かい文字を見るめがね(俗に老眼鏡と呼ばれるもの)。中近距離用のめがね(パソコン画面を見る、眼から60センチくらい離れた文字を見るもの)。ご自身がどの距離のものがはっきり見えなくて困っているのかを、はじめにご説明ください。
ひととおり、角膜、結膜、水晶体、網膜、視神経乳頭を検査したのち、問題になる異常が無ければ、レンズを合わせます。
最優先されるべきは、ご本人が長時間、新しい眼鏡を装用していただいて、不自由を感じない、疲れない、ことですので、15分間ほどレンズを入れた眼鏡枠を装用していただき、不自由ないかどうか、確認していただきます。このとき、1カ所だけを見るのではなく、視線を動かして、普通に目を使う要領で確認していただくのが望ましい。ときどきは、右目、左目を手でかくして、左右の見え方が違わないかどうか、確認してください。
15分間、目になじませたあと、再度、視力検査、特に左右の見え方の確認を致します。
不自由ない、とご了解がいただければ、眼鏡処方箋を発行致します。日本全国、どこの眼鏡店でもめがねを作ることができます。
眼鏡は、特に安い店では、1万円以下ですが、通常、2万円以上、5万円くらい支払うことになりますので、急いで合わせるのではなく、時間の余裕をみて、お越しください。
また、しっかりした眼鏡枠は、レンズよりも高価ですので、現在お使い中の眼鏡枠が丈夫で、レンズだけを入れ替えるようにすれば、費用は安くなります。