さかさまつげ

さかさまつげ(睫毛)

まぶたの端に、まつげが揃って前を向いて生えているのが正常ですが、一部のまつげが違う向きに生える、あるいは端に近い部分から生えることにより、まつげが角膜に当たるものです。まばたきのたびに、まつげが角膜表面をこするので、痛みを感じます。 角膜表面に傷をつけたり、感染症を起こすことがあります。

間違った向きに生えるまつげが多数でなければ、 さかさまつげを数本抜くことで、症状は無くなります。髪と同じように、まつげも伸びますので、定期的に受診されることを お勧めします。

多数の場合には、まつげ抜去ではなく、まぶたの手術をお勧めすることがあります。